AGA対策のための育毛剤と生活改善

AGA対策のための育毛剤と生活改善

男性でAGAなどの薄毛、ハゲに悩まされる方は非常に多く、年齢層が上がるにつれて比例する傾向にあります。
この薄毛の要因としては遺伝、食事、ストレス、衛生面、男性ホルモンなどがあり、決して理由は一つとは限らず複雑に併せ持っている場合もあります。人それぞれに禿げる要因は違うのです。

 

遺伝によるハゲ、薄毛は推測の域を出ておらず、否定される専門科もおり、まだ「解明段階」にあります。男性のハゲは、男性ホルモンに起因するケースが多く、前頭部又は頭頂部がハゲてきますが、早い人だと20代から、加齢とともに増え、40代以降はその割合の非常に増加してしまいます。

 

ちょうど早い人は結婚適齢期からハゲだし、働き盛りの年代になると急速に増えてきます。ストレスや不規則な生活も原因なのでしょう。円形脱毛症の薬として病院から処方されるものには、副作用として勃起不全や性欲減退を起こしてしまう可能性があるものもあります。そうなると「髪を取るのか、男を取るのか」なんて冗談は言ってられなくなります。こういった副作用が起きないまでも、お薬を飲むことに抵抗がある人は、まず日常生活を見直すところから考えるとよいかもしれません。

 

育毛に良いとされるものを積極的に摂取し、逆に髪に悪い影響を及ぼす可能性がある脂質・糖質・塩分・香辛料等の摂りすぎに注意します。摂取したいものとしては、やっぱりビタミン・ミネラル・蛋白質です。

 

ビタミンは頭皮を健やかに保つのをサポートするだけでなく、体のエネルギーサイクルに関与することによりヘアサイクルの正常化にも役立ちます。

 

ミネラルに関しては亜鉛や銅が不足すると脱毛が起きやすいことから亜鉛や銅を多く含む食材をとることが大切です。カキ・ホタテ・しじみ等の貝類、ナッツ類、焼きのり、肉・ネギに亜鉛が多く含まれています。

 

蛋白質はもちろん髪の原料となります。とくに太く丈夫な髪を作るために必要なシスチンを多く含むものを摂ります。シスチンは大豆・卵・肉・牛乳に含まれている他、亜鉛も多く含むカキにも多く含まれます。

 

食事は動物性脂肪の摂り過ぎなど頭皮の衛生状態にも関わってくる問題です。「頭皮の汚れ」「毛穴の汚れ」は、体内で処理されなかった脂肪が頭皮からにじみ出て毛根のある毛穴に溜まってしまうと「汚れ」になるのです。この毛穴の汚れは毛髪の正常な再生を阻害するものとして考えられています。

 

ですから食事の改善もさることながら、毛穴の汚れそのものを毎日のケアで取り除くことが大切になってくるのです。これらのことを注意してAGAに対して対策を行っていくことが重要であると思います。

 

AGAの方におすすめの育毛剤はこちら